EAST伊豆の旅・企画内容はたのしいのか?

桜は最盛期を過ぎ、これからが春本番。
気温も上がりバイクには最高の季節到来。
定番のライディングコースと意外な観光?
今日のツーリング見どころ、皆の評価は如何に?

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_54.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_63.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_52.jpg
20220409_075834.JPG

伊豆方面へのいつもの集合場所「小田厚木道路・平塚PA」。
最高気温25度予報を見据えながらの朝は10度。
​夏の装いではまだ寒い。

F_20220409080950_20220409081521_N_000014506_R135.jpg

第2集合場所、小田原のコンビニで朝礼。
本日は総勢19台で走ります。

R135で東伊豆を南下。
​無風で晴天。
凪の海と新緑と薄紅の混じる山の狭間を駆け抜ける。

 

F_20220409111953_20220409113225_N_000025108.jpg

やはり春の伊豆と言えば「いちご」。
​昼飯前の「いちご狩り」完熟いちご食べ放題!!

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_45.jpg
S__10100742.jpg
S__10100740.jpg

4月では遅いかと思いきや、まだまだ大丈夫。
春の苺は酸味が強いと聞きますが、それは流通品の話。
木成り完熟は甘いですよ!

 

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_43.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_41.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_40.jpg

ほぼ貸し切りで食べ放題。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_44.jpg

奥義、列喰い
 

この農園では現在、
​「あきひめ」と「紅ほっぺ」の2品種が食べられる。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_38.jpg
1_edited.jpg

食べ放題、時間制限があるものの、時間いっぱい食べられません。
しっかり、めいっぱい頂きました。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_49.jpg

途中、給油、休憩を挟みながら、
​「伊豆高原 旅の駅「ぐらんぱるぽーと」で昼食。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_34.jpg
S__10100750.jpg
S__10100770.jpg
S__10100749.jpg
S__10100759.jpg

多彩な食事処や足湯、ショップなど広い館内に豊富な観光スポット。

S__10100748.jpg
S__10100768.jpg
S__10100766.jpg
S__10100764.jpg

伊豆の名店も数ありますが、未だコロナが懸念され、大人数での利用はここのように広く屋外も選択できる施設が重宝されます。

S__10100760.jpg
S__10100765.jpg
S__10100762.jpg
S__10100761.jpg
S__10100758.jpg
S__10100757.jpg
S__10100754.jpg
S__10100751.jpg
S__10100753.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_28.jpg
20220409_130407.JPG

情緒豊かな和傘を模した日よけで一休み。
​ご当地ソフトも豊富だ。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_26.jpg

たまーにワサビ
 

昼食を終え次の目的地へ。
​陽気がいいと、ついのんびりしてしまう。

F_20220409120107_20220409120607_N_000029894.jpg

国道をはずれ、30分程の田舎道。

ここがリーダーおすすめ。
受け入れられるか?「伊豆高原ステンドグラス美術館」

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_12.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_21.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_18.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_22.jpg
20220409_135408.JPG

入り口での反応と裏腹に
​皆さん興味津々。

 

ステンドグラスは模造品ではなく、
英国から譲り受けた1800年代中心の有名な職人が手掛けた作品が数多く展示。

中世ヨーロッパを彷彿とさせる外見。

がさつなライダーにはそぐわないのでは?

======

自然光を取り入れ、晴天の今日は絶好の色彩を放つ。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_20.jpg

セントマリーズ礼拝堂にて、アンティークオルゴールの演奏。

img3.jpg

ゼンマイ駆動でディスクに刻まれた突起がベルを奏でる、美しい音色と儚さを重ね、なんとも情緒豊か。

20220409_140000.JPG
20220409_135911.JPG

良いです。
ここに来た時の「ステンドグラス面白いの?」
なんて疑問は有りません。

​上質なものを見ました、聴きました。

20220409_141707.JPG
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_16.jpg
S__10100788.jpg
S__10100779.jpg

バルコニーからの眺望、室内の豪華調度品。
​絵になります。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_80.jpg

霊験あらたか、さすがに おふざけな写真は撮れませんね。

ひざまずくがよい

次はセントミッシェル礼拝堂で
パイプオルガンの演奏。

20220409_142606.JPG
S__10100784.jpg
20220409_144615.JPG
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_15.jpg

やはりいいです。
パイプオルガンと礼拝堂と一体に響く重厚感、生演奏だからわかる管楽器感と操作音の臨場感。

一頻りこの場の雰囲気に酔いしれ、この場を楽しみました。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_83.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_68.jpg
20220409_150123 (1).JPG
20220409_141948.JPG

もっと
​中世ヨーロッパな感じで。

S__10100777.jpg

いろいろ、ゆっくりし過ぎでほかのプランはまた今度。
​今日は帰路につきます。

F_20220409150919_20220409153219_N_000004817.jpg
F_20220409150919_20220409154149_N_000002953.jpg

伊豆スカで北上。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_7.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_6.jpg

十国峠レストハウスで終礼。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_9.jpg
LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_5.jpg

ここで集合写真。

20220409_162613.JPG
F_20220409164545_20220409170716_N_000004030.jpg
F_20220409164545_20220409164846_N_000006361.jpg

箱根新道~小田厚木道路の起点まで走って、東名方面と1号行で分岐。
​陽のあるうちの早めの解散です。

LINE_ALBUM_20220409_東伊豆イチゴとステンドグラスtouring_220413_3.jpg

東名方面は小田厚-大磯PAで小休止。
​次のツーリングプランのディスカッション。

S__10100791.jpg

結局1時間近くもおしゃべりしてしまいました。
 

ステンドグラス博物館で楽しんでもらえるのか?という懸念はいい意味で裏切られ、皆さん楽しんでいただけたようです。
今回も走って、食、観、聴と満足のツーリングになったのではないでしょうか。​

これから本格的にツーリングが楽しめるようになることを期待して、次回ももっと楽しい有意義なツアーを楽しみたいと思います。
​引き続きコロナウイルス予防に気を付け、そして争いのない世をこころから願います。